読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれもPython,これもPython

Pythonで世界を包みたい

僕が見た謎の勉強会参加者

最近、Python触れていなくてPython記事が書けない・・・
なんてことは無く、むしろPython触りすぎて記事書いている余裕がない。
Tornadoイイヨ、Tornado

さて、表題なんですが、
昨年末くらいから入門者向けの勉強会を主催しています。
それで、ん?なぜお前はPythonの勉強会に来たんだ?という人もいたりします。

1. 出会い目的でくる人がいる

なぜPythonの勉強会に、恋愛目的でくるのか。

結婚の条件に「Pythonが出来る人」とかあるんでしょうか。
時代は高収入、高身長、高Pythonなんでしょうか。

ちょっとよくわかりません。

2. やたらRubySwiftを布教したがる人がいる

え〜、webアプリつくるなら、RoRだよ~
とか、
iPhoneアプリつくるなら、Swiftだよ~
という人。。。

うん、ここPythonの勉強会だから。

RoR使うと仕組みわからなくても、アプリ作れるんだよ~
って、お前、それでいいのか・・・?
(めんどいのでDjangoの名前すら出さない)

3. とりあえずディープラーニングや機械学習をしたがる

csvの読み込みがはできないけど、
ディープラーニングしたい☆

リストのデータの文字列を数字に変換できないけど、
とりあえずpandas使えばいいんでしょ☆

sci-kit learnを使うと、
簡単に機械学習ができるんでしょ☆

無理です。
とりあえずforループ覚えてください。

--
勉強会って大変なんですね・・・。