読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれもPython,これもPython

Pythonで世界を包みたい

Python勉強記(基本編)

今週のPython(2016年4月2日週)とイテレータ

はいはーい、今週のPythonです。 始めての方向けに説明すると、 毎週twitterで(手動で)キュレーションした記事を紹介してます。 で、その反応状態を見て、コメントをするシリーズ記事です。 今回は若干趣向を変えて、いきなり記事を全部紹介します。 Pytho…

PythonでCSVファイルを扱う(リストや辞書とのインターフェイス)

Pythonでデータを扱う場合、 csvファイルを読み込んだり、出力することがあります。 そんな時は標準モジュールのcsvを使えば簡単です。 CSVをリストとして読み込む csvモジュールのreader,writerを使うだけです。 読み込む import csv data = [] with open("…

PythonでRSSフィードを処理する

PythonでRSSリーダーを作りたい時があります。 そういった時はfeedparserモジュールを使用します。 feedparserは標準モジュールではないので、 pip等でインストールします。 pip install feedparser 使い方 RSSフィードのURLを与えてあげると、 FeedParserDi…

Pythonでファイルを扱う入門

Python初心者が最初につまづく所として、 ファイルの扱いがあります。 今まではコードの中のデータのみを扱っていたのに、 一般的なファイルを扱わなくてはならなくなるからです。 Python ファイル操作の基本 ファイルの扱いの基本をまず抑えましょう。 ファ…

Pythonのリスト内包表記とif,else

リスト内包表記の中で、ifやelseを使用したいことがあります。 ifのみを使用したい場合 その場合はfor文の後ろにifを追加します。 dat = [i for i in range(10) if i%2 == 0] print dat # [0,2,4,5,6,8] forで書く場合は以下の表現となります。 dat = [] for…

Pythonのリスト内包表記=>[]や{}

Pythonの基本の基本(データ型やfor,if)などを覚えた後、 コードを読んでいると、なんじゃこりゃ!と思うものがあります。 自分の経験上、一つはwith構文、もう一つがリスト内包表記です。 リスト内包表記とは リスト内包表記とは以下の様な表記です。 dat = …

Pythonで日付(datetime)入門

Pythonで日付(datetime)入門 Pythonで日付データを扱う方法です。 標準モジュールのdatetimeを使用します。 基本 datetimeモジュールでよく使うのは以下です。 目的 クラス 日付が欲しい場合 date 時刻まで欲しい場合 datetime 日付の計算用の差分が使いたい…

Pythonで正規表現(re)を使いたい(3)

ここでは正規表現(1),(2)に続いて その他の便利機能について整理します。 基本的な機能 グループを含んだ機能(MatchObject.groups()など) 拡張する機能(コンパイルや変換、イテレーション)<=これ コンパイル 今まではre.match("正規表現","対象文字列")と直…

Pythonでjsonファイルを扱う

Pythonでjsonを扱いたい! Pythonには辞書型が存在していますが、 これはjson形式と酷似しています。 辞書をjsonファイルとして書き込みたい、 または、jsonファイルを辞書として読み込みたい場合は 標準モジュールのjsonを使用します。 # 読み込み with open…

Pythonで正規表現(re)を扱いたい(2)

正規表現(1)に続いてPython正規表現についてです。 ここではグループに関する正規表現を整理します。 基本的な機能 グループを含んだ機能(MatchObject.groups()など)<=これ 拡張する機能(コンパイルや変換、イテレーション) groupとは groupとは()で囲まれた…

Pythonで正規表現(re)を扱いたい(1)

Pythonに限らずプログラミングを学んでいると、 正規表現を学ぶ必要が出てきます。 一見すると、意味不明な言葉の単語の羅列ですが、 使いこなせるようになると非常に便利なツールとなります。 正規表現を学ぶには、 正規表現そのもの 正規表現モジュールの…

Pythonでデータをカウントしたいなら:collections.Counter()が便利

Pythonでリストの中のデータを数えたい場合があります。 Pythonでデータを数えたい 数えたいデータが一種類で、既に決まっているなら、count()を使えば楽です。 dat = ["北海道","静岡","宮城","宮崎","静岡"] print dat.count("静岡") #2 数えるデータが決…

Pythonで集合を扱う(setの使用)

Pythonのセットを学ぶ Pythonでユニークな集合を得たい場合はsetが便利です。 dat = set([1,1,2,3,4]) # set([1,2,3,4]) Pythonのセットは数学の集合論。 集合操作のメソッドを持っています。 引数はイテレータブルなら良いので、文字列でも使えます。 # wor…